LINK

お店で全てのカードが決済できるわけでもない▽クレジットカード会社の加入店は一般的には、多くのクレカのブランドと契約しているんですが、いかんせん全部のショップで全ての運営会社の所有クレジットカードが決済できるわけじゃありません。

例をあげていうと古い契約店の場合だとJCBの印の付いているそのカードしか使えない場合もあるし新しい契約店舗ではVISA、MasterCardといったマークの入ったクレカしか使えない場合もよくあります。

ディスカバーカードみたいなカードならさらに使えないお店が増えるのではないでしょうか。

どのブランドのクレジットカードが切れるかをどこで見分けたら良いか「じゃあどうやってどのマークの所有カードが使用可能かというのを判断したらいいの?」といっても正確にチェックするとしたらそこの方に聞いてみるのみ、というのが実はその答えになります。

とはいってもおおよそのショップやレストランにはその目につきやすい部分に切れるクレジットカードのサインが入ったステッカーが貼り付けられているから、「ああ、あそこのお店ではMasterCardが使用可能なんですね」という感じにわかるようにされてるので確認してほしいと思います。

いっぽうで、きっちりと案内が出来ていない加入店舗の場合にはロゴステッカーが掲載されているショップでも「今はご提示いただいたクレカはお受けいたしかねます」などの回答をされるなどという状況もあるので途方に暮れてしまうこともなくもないですね。

欲を言えば可能な限りより多くのお店でクレカが決済できるようにするためにも、異なる種類の会社(インターナショナルな会社)がある一般的なビザカードマスターカードJCB、ダイナーズアメックス、ライフカード、といったクレジットカードを2枚以上申し込んでおくようにするようお勧めします。

(例えば:ライフカードを使っているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード契約のクレカを持つなど)。

特に国内使用のみなら、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのマークが書いてあるクレジットカードを常時所持していれば間違いなく100%の加盟店でどれかしらのクレカを切ることができます。

カードを活用して有効的にキャッシュレス生活を目標とするのであれば、言うまでもないが万能に対応できるカードを契約しておいて損はないでしょう。