LINK

ファイナンシャルプランナーの仕事は、税・年金・保険等に関する専門知識を有した者が依頼者へそれらに関する提案をすることです。

現代における税・年金・保険の内容は、非常に分かりづらいものであり、しかしながら、これらに関する知識があるとないとでは、将来に出費する金額・または貯金できる金額も大きく変わってきます。

よく知らない場合はセミナーの福岡へ連絡をしてみてみましょう。

まず、税についてでありますが、主に役立つのは確定申告の際です。

確定申告は職場で行う年末調整の他にも、申告対象の物があれば自分で確定申告する必要がります。

医療費控除・住宅ローン控除についてはもし該当する場合は手続きした・しないで翌年度の税金が大きく変わります。

次に、年金でありますが、納付期間が25年以上あれば誰でも受給できる国民年金の他に、会社員の方が受給できる厚生年金、そして今話題となっている個人年金があります。

特に個人年金は、将来の貯蓄に役立ちますが、一方で納付する現段階では家計を圧迫する要因ともなります。

これらの状況を勘案して、今、個人年金を積み立てるべきか等の提案をしまう。

最後に、保険でありますが、生命保険・医療保険は今とても多様化していてどれがよいかを決めるのは非常に難しくなってきております。

職場等によく来る生保レディはあくまで自社製品の提案をするだけなので参考にはできません。

公正な目でお客様の立場に合った保険を提案してくれるのがファイナンシャルプランナーであります。

よくわからない場合はファイナンシャルプランナーの福岡で申込み下さい。

以上、簡単にファイナンシャルプランナーの仕事について紹介しましたが、あくまで一緒に相談してお客様に考える機会を与えるのが一番の仕事なのです。